特許庁審査官・審判官の手取り給料やボーナス、労働条件や待遇などを過去推移でご紹介しています

月給サーチ > 職業別月給&ボーナス 2014年 > 特許庁審査官・審判官

特許庁審査官・審判官 手取り月給&ボーナス

2014年 最新給与データ
手取り月給与 39万円(月収:51.6万円)
手取り賞与 121.6万円(総額:173.7万円)
手取りの年収 589.6万円(年収:792.7万円)
支払う税金 95.3万円(所得税+住民税)
平均年齢 49.8 50歳の平均収入
経験年数 27.2
041106

特許庁審査官・審判官

月給・ボーナス推移

>>過去の詳細情報はこちらをクリックすると表示されます。
手取り月給与 手取り賞与 年収 平均年齢 経験年数
2013 36.8万円 107.6万円 724.9万円 49.8 27.2
2012 37万円 107.6万円 723.5万円 49.9 27.4
2011 39.4万円 118.2万円 789.2万円 50.1 27.6
2010 39.7万円 119.1万円 794.4万円 50.5 28.1
2009 39.7万円 126.5万円 806.7万円 50.7 28.2
2008 39.7万円 139.1万円 826.6万円 51.2 28.7
2007 39.8万円 141.7万円 833.1万円 51.3 28.9

※本ページは人事院が発表する「国家公務員給与等実態調査」内の「専門行政職4~5級平均」を元にデータ算出しています。手取り月給は、年収から各種控除を引き算出した所得税、住民税、社会保険料、俸給別による平均ボーナスを引いて月割りにした金額です。(生命保険や配偶者&扶養控除は入れてないので、控除に該当する場合アバウトですが手取りが~1、2万円ぐらい増えると思います。そのため人的控除額差が課税金額200万円の境界関係なく5万円のため、住民税の均等割りと相殺させています。)ボーナスは該当する俸給(月)に「一般職員の支給月数」を掛けて算出し所得税、住民税を引いています。有価証券同様「管理職」のデータは省いています。

2014年-2013年 比較

手取り給与:6%UP  手取りボーナス:13%UP  年収:9.4%UP

手取り給与は微減、ボーナス減少で年収は下降傾向に

特許庁内において特許審査などを担当する国家公務員の一職種です。2012年~2013年は震災による減額措置が行われていました。
平均年齢が高めなので、平均給与も比較的高めになっていますが、50歳の年収(大卒)などを見ると、全国平均よりは少なくなっています。
年齢が段々と若返っているので、人員の入れ替えが毎年行われているのでしょうね。

広 告

 

参考:EDINET その他:プライバシーポリシーソーシャルレンディング比較ブログmatsu

Copyright ©2018 月給サーチ All rights reserved